Masaya Furuse
古瀬正也

古瀬ワークショップデザイン事務所 代表/NPO法人ぱぱとままになるまえに 理事

駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部卒、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修了。学生時代に対話の手法「ワールド・カフェ」に出逢い、対話(ダイアローグ)に関心を持つ。2010年、47都道府県でワールド・カフェを開催し、延べ1200名が参加。2012年、開業。中央省庁や行政、民間企業、NPO、あらゆる分野で300回以上のワークショップを実施。近年では、南山大学のTグループやトレーナートレーニングを経て、体験学習を基にした研修等も行う。最近では、円座、ミニカウンセリング、ファミリー・コンステレーション、オープン・ダイアローグ、当事者研究、新実在論の世界観に影響を受けながら、人間や社会や自然の〈本来の生命力〉を取り戻す仕方を模索中。2018年1月より鎌倉の稲村ガ崎に移住。〈集い、語らう〉可能性を信じ、本プロジェクトに合流。